流産について


流産について聞きたいのですが?
 妊娠するとそのなかの多くの例で自然に流産するとされてます。これはごく自然なことです。

原因が染色体の異常など、胎児自身にある場合も多くあります。
有る意味自然なことなので、次回に期待しましょう。

不育症

妊娠しても流産する方は沢山おられます。原因は胎児自身の問題であったりします。しかし何度も連続して流産する方があります。一般に連続して3回以上流産した場合、習慣性流産とか、不育症と言われます。

 不育症の場合、検査をする事をお薦めします。

 流産の原因が多岐にわたるため、検査も沢山あります。

1.一般検査血液検査、

2.子宮の形などの検査

3.内分泌(ホルモン検査)エストロゲン、プロジェステロン、プロラクチン甲状腺機能等

4.感染症 膣分泌物の細菌検査、クラミジア等

5.凝固異常検査 最近注目されている血液の異常です。血液が固まりやすいことが流産の原因になっていることがあるとされています。

6.自己免疫検査 自分の免疫が自分自身を攻撃する状態であることが、流産の原因の場合が有ります。もし高い場合アスピリンなど血液が固まりにくくする薬を飲んだり、注射したりする必要があります。

7.夫との血液型不適合 解っていない部分もあり、白血球の型、リンパ球の検査があります。

8.染色体検査 両親の染色体検査、流産胎児染色体検査(流産したとき、胎児が確認できれば可能です。)



前頁



トップ