子宮内膜症について


子宮内膜症ということを良く聞きますが、いったいどんな病気でしょうか?
 本来子宮の内側には子宮内膜と呼ばれるものがあります。これはホルモンの作用で生理後増殖して行き、排卵期からはだんだん充血して行き、妊娠しないと出血して排出されます。このことは受精した卵の着床しやすい状態にしているのです。この子宮内膜が子宮の内側以外の所に増殖した状態を子宮内膜症といいます。
 この異所性の内膜も、子宮の内側にある内膜と同様にホルモンの作用で、増殖出血を繰り返します。場所によっては子宮の中の内膜のように外へ排出されないため、そこの組織で吸収されるしかないため、血液が溜まってしまったり、癒着していってしまうのです。特に生理のとき出血するため痛みがあります。

子宮内膜症の症状は?
 一番はっきりしているのは月経痛です。大体生理の前から生理中にかけて激しい痛みがあります。生理中いつも痛み止めを飲まなければならない人などは、要注意です。けれども痛みと子宮内膜症の程度は必ずしも一致しません。たいした痛みが無いのに子宮内膜症がひどい方もあります。又内膜症の出来た場所によっても痛みが違います。
 性交痛は重要な症状です。生理前に強い傾向があります。深く挿入すると痛いと言った訴えが良く見られます。又不感症の原因にも成ります。ひどくなると性交渉が苦痛になってしまいます。
 一番厄介なのが、内膜症が不妊症の一番多い原因なのです。
そのほかに生理の量が多くなったり、不正出血することもあります。

子宮内膜症の原因は?
 よくわからないのです、ただし妊娠しないと、だんだんひどくなって行きます。月経の血液が外へ出ないでおなかの中へ逆流するのでは、そのとき子宮内膜もおなかの中へ逆流し、そこで増殖するのではないかとも言われています。
 ここからはちょっと私的な意見もはいっていますが、もし人間が野生動物の様な生活をしているとすると、初潮が始まれば直ぐに妊娠してしまうでしょう。するともう生理は来ないわけです。出産後授乳をしているうちも生理は来ません。やっと乳離れすると、排卵が起こり始め、生理になりますが、野生ですから生理が来る暇も無く、又直ぐに妊娠してしまいます。ですから自然界では動物は一生のうち、人間のようにそんなに何回も生理が来ないのです。
 何度も、何度も排卵しても妊娠しないでいると、子宮内膜症がひどくなって行く可能性があるわけです。江戸時代は20歳以上を年増と言っていました。つい最近までクリスマスケーキと一緒で、25過ぎると・・などと言われてましたが、今では30過ぎれば焦る事もないし、と言った具合ですが、どうもこの晩婚が子宮内膜症の増加と関係があるようです。また内膜症があると性交渉もそんなに好きでなくなり、(あんまり好きなのも・・)ますます結婚しなくなると言った具合です。
 子供が出来ない、性交渉は辛い、生理の頃になると不機嫌になったり、病人のようになったりします。内膜症が離婚の一因ではなかったかと思われる方もたくさん知っています。

  晩婚は子宮内膜症に要注意なのです!生理が重い人は、出来るだけ子供はたくさん産むのが良いのです。そうも行かなければ、せめてなるべく若いうちに一人くらいは子供を産んでおくほうが良いのです。内膜症がひどいと妊娠にくいわけですから、ますます内膜症がひどくなって行きます。そしてさらに妊娠しにくくなっていくのです。いわゆる悪循環です。早く治療すれば、性交渉も好きになる、妊娠する、内膜症も改善する、生理も楽になると良循環になっていくのです。内膜症は若いうちに、早く治療するのが良いのです。

子宮内膜症の治療は? 予防法は?
 子宮内膜症の本当の原因が良くわかっていないため、確実な予防法はありません。経口避妊薬等を服用するのも症状を楽にします。また生理が少量になるので、ある程度効果があります。長く飲めるといった利点があります。軽度の内膜症の方には良い方法です。
 治療には薬による治療と外科的治療があります。薬による治療は生理を一時的に止める方法です。外科的な治療は内膜症の所を取ったり、癒着をはがし、妊娠しやすくする、保存療法と、子宮卵巣を取ってしまう根治的な治療があります。薬物による治療は6ヵ月くらいが限界です。一時的には良くなりますが、再発しやすく治療が終わったら、なるべく早めに妊娠するよう心がけましょう。なんと言っても妊娠は最高の治療と言えます。出産後は本当に良くなります。しかしそれも何年もすると、再び悪化してきたりします。不妊症などでやっと出来た方は、なるべく次の妊娠を急がれると良いのです。

読んでいて心配になりました。私も内膜症なのでしょうか?
 それでは簡単なチェックをして見ましょう。
 1.生理痛がひどい、以前からあったが最近だんだんひどくなってきた。
 2.生理の時薬を飲むことが多いが、最近効かなくなってきた。
 3.生理の時寝込んだり、仕事を休んだりする。
 4、生理の時、生理の後、めまいや、ふらつきなど貧血症状がでることがある。
 5.生理の前、生理中に腰が痛い。
 6.生理の前、生理中に排便、排尿時に痛みがある。
 7.生理の2週間くらい前の、排卵のときに1〜2日位強い痛みを感じる。
 8.妊娠したことが無い、避妊したことが無いのに、妊娠したことがない。
 9.妊娠しようとしても1年以上出来ない。
10.不感症のような気がする、以前より性交渉のとき感じなくなった。
11.性交渉の時に痛い、性交渉が余り好きでない。
12.性交渉の時、深く挿入すると痛い.
13.後ろからとか、女性が上になるような体位が苦痛だ。
14.生理前は性交渉したくない。
   以上のような項目で思い当たるものが多い人は要注意です。特にだんだんひどくなって来ている人は、受診しましょう。

携帯へ戻る


前頁

トップ