性病について

性病について
 性交渉(セックス)で感染する病気を、以前性病と言っていた病気(梅毒、淋病など)も含めて、性感染症 STDと言うようになりました。簡単な病気から、エイズのような重篤な物まで、とにかく性交渉で移る可能性の高いものを、性感染症 STDと言います。必ずしも性交渉だけでうつるものでもありません。

どんな病気があるの?
 軽い病気から順に、雑菌による非特異性膣炎、カンジダというカビによるカンジダ膣炎、トリコモナスという寄生虫によるトリコモナス膣炎があります。以前性病と言われていた淋病、梅毒、これらはそれぞれ淋菌、梅毒菌と言う細菌で感染するわけです。リケッチアの感染が、現在大変流行しているクラミジアです。細菌よりもはるかに小さいウイルスの感染がヘルペス尖型コンジローマエイズです。

どんな症状?
 おりものが増えたり、おりものに悪臭がある: 非特異性膣炎、クラミジア感染
 おりものが増え、かゆみがある: カンジダ膣炎、トリコモナス膣炎、
 おりものが増え、排尿痛など膀胱炎症状がある: クラミジア感染、淋病
 かゆみだけがある: 単なる湿疹、かぶれ、毛じらみ、疥癬(ダニ)、軽いカンジダ外陰炎、
 軽い痛みと膣、肛門などに小さいイボが出来た: 尖型コンジローマ、だんだん大きくなってカリフラワー状になります。
 強い痛みと水泡がありそれが破れてアフターのようになる: 性器ヘルペス
 特に症状はない: クラミジア、梅毒、エイズなどは、感染しても初期のうちは、症状に気がつかないことが多いようです。



  以上のような症状ですが、症状だけに頼っているのは危険です。変だと思ったら早めに検査を受けましょう!

携帯へ戻る


前頁

トップ